新着情報

トップページ > 新着情報

労務経営事務所アオキ

保有資格等
・特定社会保険労務士
・第一種衛生管理者
・ファイナンシャルプランナー

〒262-0045
千葉県千葉市花見川区作新台4-15-12-311

TEL 043-250-9362
FAX 043-306-1006

地図

新着情報

  1. (1)日々の新着情報を更新していきます
  2. (2)業務案内、人事労務、社会保険関係の情報をご提供します

雇調金特例 9月も延長へ (2021年7月12日)

厚生労働省は、8月末で期限を迎える新型コロナウイルス感染拡大に伴う雇用調整助成金の特例措置について、9月末まで延長することを発表した。10月以降の扱いは8月中にも判断する。


国民年金保険料の納付状況発表 (2021年7月5日)

厚労省が発表した2020年度の国民年金保険料の納付状況によると、納付率は71.5%と前年度から2.2ポイント増え、9年連続で上昇している。一方で、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、収入が減ったことにより保険料を全額免除・猶予された人が609万人いて過去最多となった。


厚生年金加入者約4,500万人に増加 (2021年7月5日)

会社員らが対象の厚生年金の加入者が、2020年度末に約4,500万人近くに増えたことが、厚労省の発表によりわかった。短時間労働者への適用拡大が広がり、前年度から約10万人増えた。現在は、従業員501人以上の企業に加入義務があり、今後は2022年10月に101人以上、2024年10月に51人以上の企業へと段階的に適用が広がる。


失業率が2か月連続で悪化、求人倍率は横ばい (2021年7月5日)

総務省の発表によると、5月の完全失業率(季節調整値)は3.0%(前月比0.2ポイント上昇)となり、2か月連続で悪化した。また、厚生労働省の発表によると、5月の求人倍率(季節調整値は1.09倍で先月と同じとなった。新規求人数(原数値)は、前年同月比7.7%と増加したが、2019年5月の新型コロナ前と比べると26.9%減少している。


「過労死ライン」柔軟適用へ (2021年6月28日)

22日、厚生労働省の脳・心臓疾患の労災認定の基準に関する専門検討会は、労災認定の評価法を見直す報告書案を示した。月80時間の「過労死ライン」未満でも、それに近い残業や労働時間以外の負荷要因があれば業務と発症との関連性が強いと判断するとしている。労働基準監督署が基準を硬直的に適用する例があり、弁護士の団体などが見直しを求めていた。一方、月80時間の基準自体は、引き続き妥当と記している。