新着情報

トップページ > 新着情報

労務経営事務所アオキ

保有資格等
・特定社会保険労務士
・第一種衛生管理者
・ファイナンシャルプランナー

〒262-0045
千葉県千葉市花見川区作新台4-15-12-311

TEL 043-250-9362
FAX 043-306-1006

地図

新着情報

  1. (1)日々の新着情報を更新していきます
  2. (2)業務案内、人事労務、社会保険関係の情報をご提供します

下請法違反過去最多8,000件超 働き方改革が影響 (2020年6月1日)

公正取引委員会によると、2019年度に指導・勧告した下請法違反件数は8,023件で、12年連続で過去最多を更新した。指導・勧告した発注企業の業種は製造業が3,496件で最も多く、違反行為の内訳は支払い遅延(52.8%)、代金の減額(16.8%)、買いたたき(10.4%)が多かった。昨年4月から大企業では働き方改革関連法の施行に伴って残業時間の上限規制が設けられ、そのしわ寄せで生じた費用を下請け企業に肩代わりさせるケースが目立ち、同委員会は警戒を強めている。


第2次補正予算案閣議決定 家賃負担軽減策や雇用調整助成金の拡充などを盛り込む (2020年6月1日)

政府は、今年度の第2次補正予算案を閣議決定した。予算案では、休業で売上が急減した中小企業や個人事業主に対して支給される「家賃支援給付金」を新設。また、雇用調整助成金を拡充させ、1日当たりの上限を8,330円から1万5,000円に引き上げ、従業員が企業を介さず直接申請・受給できるようにする。今国会での成立を目指す。


妊娠中の従業員を抱える企業に休業補償 (2020年6月1日)

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染の不安から休業する妊婦を抱える企業への助成金を今年度の第2次補正予算案に盛り込んだ。5日以上20日未満妊娠中の従業員を休業させた企業に1人当たり25万円を支給、それ以降は20日ごとに15万円が加算され、100万円を上限とする。1企業当たり最大20人。


「脱ハンコ」へ、総務省が電子書類の公的認証の運用開始を前倒しへ (2020年5月25日)

総務省は、文書が改ざんされていないと証明する「タイムスタンプ」の事業者認定の運用開始を当初予定の2021年度から20年内に早める。電子的な社印「eシール」は22年度から1年の前倒しを目指す。在宅勤務などが広がる中で、押印のためだけに出社するといった例もあるため、それぞれ大幅に前倒しして、遅れていた「脱ハンコ」の環境づくりを急ぐ。


連合、フリーランスも会員に 10月に相談サイト (2020年5月25日)

連合は、個人事業主や、特定の企業と雇用契約を結ばないフリーランスなどを対象にした新たな会員制度を新設する。組合員とは別に「連合ネットワーク会員」(仮称)という区分を設け、10月に労働相談サイトをつくる。同会員になると、弁護士による相談や、独自の共済サービスが有料で利用できるようになる。